Uniting Church 二期目(6月〜7月)/その1「二教会の連携を自然に・豊かに」

二ヶ月の長期出張も終わろうとしているので、ここまでの振り返りと展望を書くことにします。

なす

隆二さんは、考えていることがちゃんとあるんだから、きちんと言語化した方がいいっすよ。

ボクシ

してるつもりだったけど。はい、、。します。。。

目次

一期目(4-5)月のまとめ

4-5月はプロジェクトUC(ユナイティング・チャーチ)の1期目と言えるでしょう。

牧師(さいとう)が毎日一宮教会に通って、さまざまな基盤づくりをさせていただきました。

  • みことばの基盤の確認(礼拝説教・祈祷会説教)
  • 牧師と信徒さんの信頼関係の基盤(対話・共同作業・祈り)
  • 宣教の基盤の確認(立地・地域性等のリサーチ)
  • 教会設備の基盤の作成・リペア(ネット環境整備・各種メンテナンス・入り口ゲートリフォーム・トイレ水洗化・エアコン設置・ギター設置)
  • システムの合理化(週報廃止・LINEグループ導入・事務作業スリム化)
クリス

全面的な「リフォーム」だね。

ボクシ

この教会が持っている力を、福音宣教のために活かすことが目的だよ。

この期間を用いて、吉備教会の方では「さいとう不在という新鮮な状況から生まれる新しい動きへの期待」「那須副牧師の実践的現場研修」という二つの意味も持たせたので、ずいぶんと欲張ったなぁ、と思います。

クリス

ま、全部上手くいったんじゃない?

ご近所さんと思いのほか懇意になったり、常備ギターまで与えられたり、入り口ゲートにはブドウまで植わったり、と想定以上の豊かさも加わりました。牧師室(2F)にエアコンまで付くとは・・。

ボクシ

神様は恵みを「大盛り」にしてくださる方だなぁ。

第二期(6-7月)は①「ふたつの教会の交わりの促進」を心がけます

新しい体制への基盤作りも整ったところで、6月からは第二期となります。

Uniting Churchという名前に相応しく「一つになっていく」歩みへと向かっていきます。

とはいえ、無理やり仲良くなろう!というわけではなく、自然な流れの中で繋がりが芽生え、育つようにしたいですね。(すでにいくつか始まってます。)

例えば、合同の連絡用LINEグループを作って、重複する情報はそちらで伝達したり、オンラインやインパーソンでの交流の機会を作っていきますよ。

クリス

受け皿を作って、あとは流れのままに、だね

ボクシ

キリストの愛を共有してる以上、どうやったって豊かな結果が生まれるはず

クリス

礼拝中継チャンネルもロゴがユナイティングチャーチになったね

ボクシ

もう「吉備教会」だけの礼拝じゃないからね!

クリス

なるほど、吉備教会も「リフォーム」だね

プロジェクト二期目の計画は他にもあるので、次の記事に続きます。

詩篇133:1

見よ。なんという幸せなんという楽しさだろう。
兄弟たちが一つになってともに生きることは。

あわせて読みたい
Uniting Church 二期目(6月〜7月)/その2「礼拝共有」の開始 前回の続きです。 https://uniting-church.com/to2ndseason 【その2:礼拝共有の開始】 レイハイキョウユウ? インターネットを利用して、複数の教会で一つの礼拝を一緒...
あわせて読みたい
Uniting Church 二期目(6月〜7月)/その3「チーム・ミッション」 下記の二記事の続きです。 https://uniting-church.com/to2ndseason https://uniting-church.com/2ndseason 【その3「チームミッションの試行」】 プロジェクト「ユナイ...
よかったらシェアしてください
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次